横浜関内わだクリニックは皆様の安心を甲状腺専門医が最善の医療を持って提供します。 横浜関内わだクリニックは皆様の安心を甲状腺専門医が最善の医療を持って提供します。

アクセス・診療時間

住所

〒231-0047 神奈川県横浜市中区羽衣町2-7-4
ダイワロイネットホテル横浜関内2F

TEL

045-250-0226

アクセス

  • JR根岸線 関内駅北口より徒歩約3分
  • 市営地下鉄ブルーライン
    伊勢佐木長者町駅3番出口より徒歩約5分
診療時間
9:00~13:00
15:00~18:30

:土曜 9:00-12:00、14:00-17:00
▲:第1日曜 10:00-14:00
※予約最終時間は診察終了時間30分前までとなります。
当クリニックはご予約診療とさせていただいております。
待ち時間の短縮、十分な問診・検査のため何卒宜しくお願い申し上げます。

新着情報

一覧へ >
2017/11/03
12/28(木)-1/4(木)は年末年始休業とさせていただきます。1/5(金)より通常通りの診療を開始いたします。 何卒宜しくお願い申し上げます。
2017/11/03
12/21(木)は臨時休診とさせていただきます。 何卒宜しくお願い申し上げます。
2017/11/03
11/30(木)は臨時休診とさせていただきます。 何卒宜しくお願い申し上げます。
2017/05/31NEW
ホームページをリニューアルしました。

甲状腺でお悩みのかたへ

甲状腺疾患は他の病気と間違われやすい症状が多いため、的確な治療を受けられず長く症状に悩まれているケースが少なくありません。お悩みの症状が自己チックにないかお確かめ下さい。

診療案内

内科、外科、甲状腺/副甲状腺専門センター
当院で対応可能な疾患

甲状腺

バセドウ病、橋本病、甲状腺の良性・悪性腫瘍・・・など

副甲状腺

原発性副甲状腺機能亢進症(健診などで高カルシウム血症を指摘された方や、尿路結石の方など) 続発性[腎性]副甲状腺機能亢進症(慢性腎不全で透析されている方)

その他

耳鼻科領域以外の頭頚部疾患
のど・くびの違和感、リンパ節の腫れ・・・など

生活習慣病

高血圧、高脂血症(コレステロール・中性脂肪の異常)、痛風、骨そしょう症 ・・・など
(生活習慣病は甲状腺・副甲状腺ホルモンに関係しているものも多い)

院長あいさつ

2011.4.1に横浜関内にて開業し7年目を迎えました。2017.8の時点で11500人以上の患者様にご来院いただき、そのほとんどが甲状腺・副甲状腺疾患の患者様です。甲状腺機能が亢進するバセドウ病、低下する橋本病、甲状腺腫瘍(良性・悪性)、副甲状腺機能亢進症などが主な病気です。また、最近は妊娠・出産に関して甲状腺ホルモンが重要とされており、不妊治療中の方にも多くご来院いただいております。甲状腺の病気は症状が乏しく気づきにくい場合も多々あります。もしかしたらと思う方はお気軽にご来院ください。

この間はテロによる9.11の大事件やイチロー選手がメジャーデビューした時期であり、野球好きの私は初打席・初ヒットを目撃することができました。4月始めのシアトル・セーフコフィールドはとても寒かったのを覚えています。帰国後は横浜市大センター病院(南区)で3年、横浜市大附属病院(金沢区)で6年ほど甲状腺・副甲状腺の外来診療・手術を行ってきましたが、当クリニックは両病院と済生会横浜市南部病院へのアクセスも良く、開院当初から一緒に外来・手術を行っている横浜市大センター病院の益戸功彦先生、南部病院の平川昭平先生との連携にも非常に適しています。2017.8の時点で11500人以上の患者様にご来院いただき、そのほとんどが甲状腺・副甲状腺疾患の患者様です。最近は妊娠・出産に関して甲状腺ホルモンの状態が重要とされており、不妊治療中の方にも多くご来院いただいております。主な甲状腺の病気には甲状腺機能亢進症・低下症、良性腫瘍、悪性腫瘍、副甲状腺の病気には副甲状腺機能亢進症や腫瘍があります。症状が乏しく病気に気づきにくい場合も多々あります。もしかしたらと思う方は是非お気軽にご来院ください。これからも甲状腺・副甲状腺疾患の診断・治療に邁進していく覚悟です。
今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

横浜関内わだクリニック tel:045-250-0226横浜関内わだクリニック tel:045-250-0226
b_btn_telsp.png
診療案内 医師紹介 クリニック紹介 アクセス 甲状腺について 提携医療機関 ドクターズファイル